チベット体操 第五の儀式

チベット体操 第5の儀式は、自然治癒力を高め若返りを
 促進します。日頃伸ばすことのないアキレス腱を伸ばし、
 腕の筋肉も鍛えられます。

1 肩幅に開いた、手とつま先を支点として上体をうつ伏せ
  から起こした姿勢をとります。腕立て伏せの、上体を
  起こして反ったような形になります。
  この時、体は床から浮かせています。この動作は全て
  床から浮かせた状態で行います。

2 ゆっくりと口から息を吐きながら、頭を上げ、目線を上に
  向けて、出来るところまで背中を反らせていきます。

3 2の状態から今度は、鼻から息を吸いながら腰を持ち上げて
  いき、逆のV字型の形をとります。この時、できれば、かかと
  を床につけます。ただし最初は無理をしないように。
  ここまでが1セットになります。2と3を決めた回数
  繰り返していきます。

▼ここまでが、チベット体操5つの儀式の だいたいの流れです。
 興味のある方は一度トライしてみてはいかがでしょうか。
 ただしゆっくりと、無理をしないことを忘れずに(^^)v