顔の整体

私たち人間の頭蓋骨は、
15種、23個の骨のパーツの組み合わせによって
成り立っていると言われています。

しかし年令を重ねると共に、
それぞれの生活習慣の癖によって、
数多くのパーツの連結状態が悪化し、
骨格に歪みが生じてしまうと言われています。

生きていく上では、
ある意味致し方無いのかもしれませんが、
頭蓋骨の歪みはいつしか顔の歪みとなって現れます。

特にこめかみと目の交差する部分にある
蝶形骨の位置が歪んでくると、
目の形に変化が現れると言われています。

左右の目の大きさが違ったり、
眼球の凹凸にまで影響が出たりしますので、
眼精疲労が酷くなったり、それにより視力が低下、
肩こりや首の痛み、さらには頭痛など様々な症状を
発症するようです。

それ以外にも口元が歪んで口角が下がり、
ほうれい線が目立ってきたりと、
見た目の印象ですぐに年令を感じさせてしまう
女性にとっては非常に大きな問題となってしまうのです。

骨格の歪みを酷くさせない為にも、
できるだけ正しい姿勢を心がけた
生活を送る必要があります。

しかし一度歪んでしまった頭蓋骨の矯正を
自分で行なってしまうと、大変危険な場合もありますので、
独自の判断では行わず、整体やカイロプラクティック、
さらにはマッサージなど専門院で
矯正を行なってもらうようにしましょう。

顔の歪みを改善する方法は、
自宅でも簡単に行えますので、
お風呂上り等身体が温まっている状態で
行う事をオススメします。。

頭蓋骨の歪みにより影響を受けた顔の歪みは、
年令よりも老けた印象を与えてしまいますので、
顔の筋肉を伸び縮みさせ、
柔らかくほぐすようにするといいでしょう。

一番簡単な方法としては、
顔の中心にパーツを集めるように、
ぎゅっと口をすぼめるようにしましょう。

目を閉じ、口も閉じたまま、
頬も吸い込むようにしてください。

この状態を10秒間キープして、
ゆっくり元の状態に戻す、
この繰り返しを10回程度行いましょう。

次に両肩に手をクロスするようにのせると、
そのまま顔を上に向けて首筋を伸ばしてください。

そのままの姿勢で、今度は舌を鼻に
つける感じで思いっきり伸ばしましょう。

伸ばした舌を唇の端に左右1回、
これを8回の3セット行うと良いでしょう。

これが終わったら、姿勢を元の位置に戻し、
鎖骨付近あるリンパを軽くほぐして流れを良くして完了です。

この運動を毎日続ける事で、
顔の歪みを解消出来るだけでなく、首筋のシワをとり、
美しいデコルテを作る事が期待できます。

1日たったの5分でできる事ですから、
スキンケアの際に取り入れてみるといいでしょう。