マッケンジー体操上体反らし

マッケンジー体操の中でも、基本となる体操となります。
痛みなどの症状が強い時は1セットを2時間おきに行って
いきます。また、症状が軽かったり、腰痛予防の場合は
1日2回、朝と夜に1セットずつ行います。
この体操だけを、通常は行います。


1 うつ伏せに寝て、アゴを床につけて顔を前方に向けます。
  そして、リラックスします。

2 両方の手のひらを、両肩の下に入れます。
  この時、脇は軽く締めた状態です。

3 ゆっくりと両ひじを伸ばしながら、上体を持ち上げていきます。

4 できるだけ上体を反らせたら、腰の力を抜いて、1~2秒この
  姿勢を保ちます。

※ここまでを1回として、これを10回繰り返すのを1セットとします。

◆この上体反らし体操の簡易版として、仕事や家事の合間など、
 場所や時間がない時にできるのが、背中反らし体操です。

1 両足を肩幅に開いて立ち、両手を腰に添えます。

2 できるだけ上体を反らし、1~2秒保ちます。
  これを1回として、10回繰り返すのを1セットとします。