マッケンジー体操

マッケンジー体操とは、1956年に、ニュージーランドの
理学療法士、ロビン・マッケンジーが治療中に偶然見つけた
治療法で、この時の体験をもとにして研究を重ね生まれたのが
マッケンジー法における、マッケンジー体操です。

椎間板の異常に原因がある腰痛に対して、マッケンジー体操
大変効果があると思われ、近年、腰痛治療の画期的な改善方法
として、注目を集めています。

マッケンジー体操は、基本的に痛みのある側に負荷をかけて
いくため、多少痛みが出ることもあるかもしれませんが、
続けていくうちに、スムースに腰も動くようになってくると
痛みも、徐々に軽減していきます。

▼また、この体操を続ける中での変化として、痛みなどの症状が
腰の中心に移動していく場合は、改善に向かっていると考えますが、
逆に痛みなどの症状が、足の方に広がっている場合は、神経が
圧迫されていると判断されますので、この体操は、すぐに中止
してください。

マッケンジー体操は、色々なバリエーションがありますので、
また、順番に1つずつ紹介していきたいと思います。