太ももを細くするマッサージ

血液の流れが悪くなると
皮下脂肪が蓄積されやすくなります。

脂肪細胞が増加し、
脂肪と老廃物がからみ合うことでセルライト
という脂肪の塊を生み出してしまいます。

セルライトは特に女性に多くみられ、
なんと約8割の女性にセルライトがあると
言われているのです。

女性は男性に比べて脂肪分が多いことが原因とも
いわれていますが、セルライトができてしまうと、
肌にデコボコとして症状が起こり、見た目の印象が、
オレンジの皮に見えることからオレンジピールスキンと
呼ぶ事もあるそうです。

セルライトは脂肪の多い場所、太ももや二の腕、
ふくらはぎやおしり等の部位に多く発症しやすく、
運動不足の女性や、代謝の悪くなった中高年女性に
多くみられると言われています。

太くボテボテした足や、ぷるぷるの二の腕など、
見た目の印象も当然悪くなりますが、ホルモンバランスの
乱れや血行不良といった症状によりセルライトができていると
考えれますので何かしらの内蔵疾患を発症しているという
ケースも考えられます。

出来てしまったセルライトをそのままにしておくと、
循環器系に大きな影響を及ぼす場合がありますので、
できるだけ初期の段階で改善出来るようにしましょう。

セルライトができやすい太ももの部分を軽く摘んだり、
揉んだりする程度で、セルライトを改善することができます。

脂肪や老廃物の塊でできていますので、
その塊をほぐすと言ったイメージで行うと効果が高くなります。

セルライトを取り除くマッサージは血液の流れが
良くなっているお風呂上りが一番効果的であると言われております。

3分から5分程度、太ももを手で包み込み、不要な老廃物を血液に
押し流すようなイメージで親指を使ってマッサージを行いましょう。

軽くマッサージを行った後は、寝そべった状態で、
足の甲にタオルをかけ、その両端を手でもって背中側に引っ張るように、
10秒静止してください。

左右10回づつ行ったら、今度は、枕やクッションの上で
あぐらをかいて、そのまま前屈して10秒静止、さらに後ろに身体を
倒してさらに10秒静止、このストレッチを5セット程度行うことで、
リンパの流れを良くする事ができます。

滞っていたリンパの流れが改善されると血行が良くなり、
循環器系を活発にすることができます。

自宅で簡単にできるセルライト除去運動ですので、
継続して行うようにしましょう。