マッケンジー体操 ひじ立て

◆腰の痛みが かなり強い場合は、基本の上体反らし体操よりも
 負荷が軽い、この ひじ立て体操を行います。
 2時間ごとに1回行い、症状が改善してきたら、基本の
 上体反らし体操を行っていきます。

1 うつ伏せに寝て、両手は自然に下げた状態でリラックスします。
  顔は左右どちらでも、自分が好きな方へ向けます。

2 肩の前に両ひじを置いて上体を支え、腰を反らします。
  腰の力を抜いて、そのままの姿勢を3~5分保ちます。
  これを1回とします。

※ ぎっくり腰など、激痛を伴うときは、1の「うつ伏せに寝」の
  状態を3~5分保ちます。症状が改善していったら、「ひじ立て」
  や「基本の体操」へと移行していきます。