視力回復のツボ

私たち人間の身体には
あらゆるツボが存在しております。

その中に視力を回復出来るツボがあり、
一旦低下してしまった近視の状態を改善したり、
老眼を予防することができるとも言われています。

視力回復に効果の高いツボの位置は、
ほとんどの場合は、ちょうどいい具合に、
凹んでいる事があります。

なんだか、はじめから「ここを押してください」なんて
身体が訴えているようにも思えて、
愛おしくなってしまいますよね。

眉頭と、眉毛の一番内側の眼窩骨のふちに
当たる部分にあるツボが攅竹というツボです。

近視や屈折の異常を改善、
さらには老眼を予防する効果も
あると言われています。

攅竹の部分はテーブルにひじを突いた状態で、
親指を与えると適度な力を入れやすくなります。

人差し指を額にそえて、
眼球には力を入れないように、親指でゆっくりと
3秒から5秒程度ツボを刺激するといいでしょう。

またこめかみの凹んた部分にある太陽というツボ、
歯を食いしばった時に一番力の入る場所です。

別名「眼医者ごろし」なんて名称がありますが、
老眼に大変効果があるツボです。

それだけではなく、
偏頭痛や神経痛などの改善にも効果が高く、
昔は、おばあちゃんたちがその部分にピップエレキバンを
貼っていた様子が良く見受けられていましたよね。

太陽を刺激する場合は、3秒から5秒をかけ
人差し指でジワーッっといった感じてツボを刺激していきます。

あまりにも指に力を入れてしまうと、
眼球を圧迫する場合もありますので注意が必要です。

さらに後頭部には風池というツボがあります。

このツボは近視や屈折異常などに効果がありますが、
高血圧の方は必要以上に刺激を与えないように注意をしましょう。

親指を使って、痛いけど気持ちいい程度に、
後頭部を持ち上げるようなイメージで行いましょう。

目に効果のあるツボ押しは、
1日に何回でも行っていいという訳ではありません。

夜眠る前や、
職場で長時間目を酷使した後の休憩の時間などを利用して、
3秒から5秒程度の刺激を1セット行うようにしましょう。

後頭部には風池(ふうち)という視力回復のツボがあります。

このツボの視力改善効果を研究している人もいるほど、
近視などの屈折異常に効果的です。

ただし高血圧の人は、
後頭部のツボを強く押してはいけません。

なお老眼の視力回復には、眉毛のまん中と、
眉毛の鼻側の端にある視力回復のツボがおすすめです。

それぞれ魚腰(ぎょよう)のツボ、
攅竹(さんちく)のつぼといいます。

こめかみのツボも老眼の予防・改善に効果的です。

老眼の視力改善には、
立体視ができるマジカルアイの視力回復の本を使って、
交差法を視力訓練すると、より効果的です。

そのほか乱視や白内障には、
眉毛のまん中の魚腰の視力のツボを指圧すると、
効果的です。

眼球自体に、ズーンと響くような
ダイナミックな刺激を与えることが可能です。

眉毛のまん中の魚腰のツボを指圧すると、
眼球にダイレクトに力を伝えることができるのです。

手の甲にも実は、視力回復に効果的なツボがあります。

これを合谷(ごうこく)のツボといいます。

別名、万能ツボともいいます。

人差し指と親指の骨が交差した、
出会いがしらのところです。

だから合谷というわけですね。

その箇所から、やや人差し指よりに、
少し骨がくぼんだところがあります。

合谷の視力回復のツボは、
近視などの視力回復や眼の病気の予防のほか、
大腸の調整、頭部の疾患の改善、痛み止め、
安眠、脳の刺激などのさまざまな効果があります。

だから万能ツボというわけですね。

視力のツボを指圧するときは、
とくの頭部の場合、基本的に目を閉じます。

そうすると目の乾きも解消され、
網膜も休まるため、一石二鳥にも三鳥にもなります。

また連続で強くまばたく目の運動を併用すると、
目のツボ指圧の効果は倍増します。

視力回復のツボを押すことは、
視力アップだけではなく、疲れ目解消や
眼精疲労の予防・改善にも、当然効果を発揮します。

パソコン作業が普及し、当たり前になってきた現代。

目のツボ指圧は、目の健康を守り、
急激な視力低下を防ぐために、
これからは必須の知識といえるかもしれませんね。