爪もみ健康法

爪もみ健康法とは、爪の生えぎわを刺激することにより
手足の血行を改善していく健康法です。

爪の生えぎわには、神経線維が密集しているので
爪もみをすることで、自律神経が刺激され、血行が改善されて
いきます。

爪もみ健康法のやり方~
両手の爪の生えぎわを、もんでいきます。
親指から人差し指、中指、薬指、小指の順に10~20秒ずつ
もみます。

以上を、1日に2,3度、少し痛いぐらいの強さで行います。
手足の血行が良くなり、肩コリなども改善していきます。